1. TOP
  2. ヘルニア・坐骨神経痛
  3. ふくらはぎの痛みは病気のサイン?痛い・つった・だるい・痺れるなどは要注意!

ふくらはぎの痛みは病気のサイン?痛い・つった・だるい・痺れるなどは要注意!

あなたも一度は経験されていると思われる、ふくらはぎの異変。

そこには驚くべき病気・疾患が隠されている可能性がある事をご存じでしょうか?

「第二の心臓」=ふくらはぎ。医学用語では腓腹筋といいます。夫婦でいうと心臓はお父さんで、ふくらはぎはお母さん。身体でふくらはぎは縁の下の力持ちなのです

今回は、身体の健康に大きく関わる「ふくらはぎから出る異変・違和感のサイン」を見逃さないために、知っておくべき症状と疾患を解説いたします。

嶋川先生がこの記事を書いています
リハビリ型デイサービス わかば健康倶楽部:嶋川裕之滋賀県の大学を卒業して、大阪の整骨院で 3 年間働く。神奈川県・日大高校野球部出身・S60生まれ。高校卒業後、怪我で整骨院に通院した経験から柔道整復師を志し免許取得。川崎市元住吉の接骨院で修行。25歳で院長就任。バランス療法を中心にプロ野球・Jリーグ・ラグビー・アメフト・格闘技等の多くのアスリートの施術・ケアの他、ご高齢者~幼児まで幅広い年齢層の施術も行い経験を積む。<お問い合わせ・ご相談はコチラ>
1.001

ふくらはぎは「第二の心臓」!?

13.001

全身の血液は、心臓から送られて、また心臓に戻るというように循環していますよね。

あなたは、人体の血液の70%が、下半身に集まっていることをご存知ですか?

ふくらはぎは、全体の70%にも及ぶ下半身の血液を心臓に押し戻すポンプ作用があることから「第2の心臓」と言われています。そのポンプ作用となる筋肉の働きは、「ミルキング・アクション」と呼ばれています。

ふくらはぎは、全身の血液循環を促進するだけでなく、「血管の老化」を防ぐともいわれ、ふくらはぎをケアし、動かす事で「ミルキング・アクション」を促せば、全身の血流改善や健康維持に効果があるのです。

非常に重要な役割ですよね。そんな重要な役割を担っているからこそ、ふくらはぎの異常は軽視してはいけないのです。

ふくらはぎの痛みは病気のサイン !?

ふくらはぎが痛い!

これを、まぁ、きっとこの痛みは日ごろの運動不足のせい?疲れかな?冷え性のせいかな?なんて軽く思っていたら思わぬ重症だった。。そんな恐ろしい話があります。

ここからは、ふくらはぎの痛み・違和感・異変と、様々な病気の関係性について説明していきます。

普段は太さやむくみくらいしか気にしないかもしれませんが、冒頭にもお話ししたように、ふくらはぎは第二の心臓。軽視しないように注意してくださいね。

運動中や運動後にふくらはぎに激痛!原因は?

運動中、ふくらはぎに激痛が走った!

この場合、ケースとしてスポーツの最中に痛くなったのなら肉離れ・筋挫傷の可能性大です。スポーツの後に痛みを感じるなら、筋肉痛や軽い肉離れの可能性があります。

スポーツの最中や後に起こる痛みはスポーツ障害と呼ばれます。

応急処置として、アイシング(冷やす)したり痛む箇所の圧迫が有効です。しかし、アイシングなどのセルフケアだけでは対処しきれないので、速やかに整骨院・接骨院に受診し、必要に応じて病院に紹介してもらいましょう。

ふくらはぎの痛みは動脈硬化の初期症状?

2.006

高脂肪血症・高血圧など、既に病気を持っている(主に血管に関する病気)場合や、病気の要因を持っている(タバコや肥満)場合、理由もなくふくらはぎが痛むケースがあります。

こういった方は病気のサインである危険性があります。症状から可能性のある病気を説明していきます。

  • 足がだるく重く感じる
    動脈硬化の初期症状の場合があります。
  • 歩くと痛い。でも少し休むと痛みが消える
    動脈硬化の初期症状・脊柱管狭窄症の場合があります。
  • ふくらはぎが冷える
    動脈硬化の初期症状の場合があります。

動脈硬化・・・恐ろしい響きで、良くテレビで耳にします。要は血管が詰まる病気です。仕組みとしては、いわゆる悪玉コレステロールが血管の壁に張りついてしまい、血栓となってしまうこと。進行すると脳梗塞など命にかかわる病気になることも。

しかも、自覚症状がないので厄介です。

この病気の理由として考えられるのが、

  • 欧米化した肉食中心の食生活
  • 不規則な生活リズムや睡眠不足、運動不足

いわゆる生活習慣の乱れが原因とされています。定期的な健康診断や人間ドックを受けることで、早期発見につなげることができます。

ふくらはぎの痛みはエコノミークラス症候群かも?

2.002

飛行機などの旅行で、長時間同じ姿勢で居たときに、ふくらはぎがむくんで痛みが出ててくることがあります。

そういった方は、静脈血栓症の疑いがあります。静脈血栓症(じょうみゃくけっせん)とは、いわゆるエコノミークラス症候群として有名かもしれませんね。しかし、何もエコノミーのじゃなくても、発症するのがこの病気。誤解を招く呼び名かもしれません。

これは、最近では被災地などの避難所などでの生活が長期に及ぶ場合にもよく起きていますね。

このエコノミークラス症候群は、長い時間同じ姿勢でいることにより、足にできた血栓が悪さをする状態。長時間のデスクワークも注意です!

血栓は血液の流れに乗り、肺の血管を詰まらせることがあります。これにより、胸痛・呼吸困難・失神など恐ろしい症状が出現し大変危険な状態になる場合も。

手術しなくてはいけないこともあるので注意が必要です。

対策としては、水分の補給・足や足の指をこまめに動かす事など挙げられます。

ふくらはぎ外側の痛みや痺れに要注意!

  • ふくらはぎにピリピリした痛みがある
  • 痛みが太ももの前側にある
  • お尻に電気が走るような痛みが
  • ふくらはぎにつっぱったような痛みがいつもある。

こんな場合、ヘルニア・坐骨神経痛が考えられます。

特に、ふくらはぎだけでなく足や腰の全体やおしり(臀部)など、しびれや痛みが下半身全体にある場合は、ヘルニアや坐骨神経痛の可能性が高いと考えられます。

坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)は、お尻から太ももにかけて鈍痛が出る症状。坐骨神経痛は病名ではありません。なので、人それぞれ違う症状になります。

坐骨神経痛の症状にはどのようなものがあるのでしょうか?坐骨神経痛の主な症状をご紹介していきます。

脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)

⇒背骨の神経が通っている脊柱管が狭くすぼまる状態。主に腰部(ようぶ:こし)と頸部(けいぶ・首)の2種類が多い。歩行が困難になったり、排尿や排便の障害が出ることも!

椎間板ヘルニア(ついかんばん)

⇒背骨から神経が飛び出した状態。腰部が多い。一般的に症状がひどい場合、排尿にも影響が出た場合等は飛び出た部分を切り取る手術をする。近年の報告では自然と元に戻ることも知られていますが、稀です。

腫瘍(しゅよう)

⇒体の制御に反して勝手に過剰に増えていく異常な細胞の塊。この塊が神経を圧迫します。悪性と良性があり、医師の診断が必要です。

梨状筋症候群(りじょうきんしょうこうぐん)

⇒お尻にある筋肉の一つが、坐骨神経を圧迫する症状。筋肉疲労・トレーニングでのオーバーワーク・姿勢・歩行の悪さなどが原因として挙げられます

腰椎の分離(ようついのぶんり)/すべり症

⇒主に身体の柔らかい中学生くらいに、腰を反ったりひねっておきる痛み。怪我と違い、一度で起きるのではなく、積み重ねて痛みがでます。一般の人では5%程度に分離症との報告もあります(スポーツ選手は30%とも)。神経痛としての症状が体の一部分に出てきます。

ふくらはぎをつる原因と気をつけたい病気

11.001 (7)

ふくらはぎがつることを、こむらがえり、腓腹筋痙攣などと言います。

特に多いのが、寝てるときに足のふくらはぎがつるケース。

ふくらはぎがつってしまう症状は、筋疲労や多量の汗をかいたり下痢(げり)・気温状況などで脱水状態になった場合に多くおきます。これは、水分が減ってしまい、体内の電解質が不足したことが原因です。

体内のカルシウム、マグネシウム、カリウムなどのミネラルなどのバランスが崩れ、神経や筋肉が興奮しやすくなると、足をつってしまうのです。

対策としては、スポーツドリンクなどの水分補給と、栄養バランスの良い食事が効果的です。また、足が冷えないようにすることや、寝る前に十分なマッサージやストレッチを行うことが大切です。

では、急につった場合どうすればよいのか?

よくひたすら我慢する方も多いのですが、つった筋肉をゆっくり伸ばす・マッサージをする。これが基本中の基本ですね。

もし、足が何度もつる場合は、脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)、または脳腫瘍・糖尿病・脳梗塞などの内分泌疾患などの病気かもしれません。

こういった病気を持つ方は、足がつることがよくあります。

足がつることが多くなったり、習慣化しているようならば、神経内科や整形外科、糖尿病に詳しい内科などで調べてもらうのがよいでしょう。

今回のまとめとして

いかかでしたでしょうか?

これを読んだら「ふくらはぎ」と呼べなくなり「ふくらはぎ様」と呼ぶようになると思います()

実は、私も高校時代に梨状筋症候群からくるふくらはぎの痺れがあり、不安な日々を送っていた事があります。当時、接骨院に通って治療を行い、痺れが無くなった事に驚き、治療の大切さを身を持って感じました。

「第二の心臓」=ふくらはぎ。もし、異変・違和感を感じることがあれば、軽視せずに、しっかりと専門家に相談するようにしてくださいね。

最後まで読んで頂きありがとうございました。今後も日本の健康のために、少しでも役に立つように情報発信をさせていただきます!

担当者プロフィール

リハビリ型デイサービス わかば健康倶楽部:嶋川裕之

平塚でのリハビリ・デイサービスは「平塚・わかば」で検索。柔道整復師の視点から歩行・バランス・日常動作を全力でサポート・指導致します

18.001

HP http://wakaba100.com/

神奈川県・日大高校野球部出身・S60生まれ。高校卒業後、怪我で整骨院に通院した経験から柔道整復師を志し免許取得。川崎市元住吉の接骨院で修行。25歳で院長就任。バランス療法を中心にプロ野球・Jリーグ・ラグビー・アメフト・格闘技等の多くのアスリートの施術・ケアの他、ご高齢者~幼児まで幅広い年齢層の施術も行い経験を積む。祖父の死を機に介護保険・介護業界に挑戦する事を決意し平塚に移住。整骨院時代の経験を活かし要支援者・要介護者一人一人に合わせた歩行訓練・バランス訓練・筋力トレーニングを構築し指導。わかばグループ主任機能訓練指導員・技術開発部長に就任し現在に至る。「わかば」は平塚唯一市内にリハビリ型デイサービスが5店舗あります。

\ SNSでシェアしよう! /

カラダニスタ|専門家が教えるスッキリ生活の情報誌の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

カラダニスタ|専門家が教えるスッキリ生活の情報誌の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

カラダニスタ紹介 カラダニスタ一覧

リハビリ型デイサービス わかば健康倶楽部:嶋川裕之

リハビリ型デイサービス わかば健康倶楽部:嶋川裕之

リハビリ型デイサービス わかば健康倶楽部:嶋川裕之

平塚でのリハビリ・デイサービスは「平塚・わかば」で検索。柔道整復師の視点から歩行・バランス・日常動作を全力でサポート・指導致します

HP http://wakaba100.com/

神奈川県・日大高校野球部出身・S60生まれ。高校卒業後、怪我で整骨院に通院した経験から柔道整復師を志し免許取得。川崎市元住吉の接骨院で修行。25歳で院長就任。バランス療法を中心にプロ野球・Jリーグ・ラグビー・アメフト・格闘技等の多くのアスリートの施術・ケアの他、ご高齢者~幼児まで幅広い年齢層の施術も行い経験を積む。祖父の死を機に介護保険・介護業界に挑戦する事を決意し平塚に移住。整骨院時代の経験を活かし要支援者・要介護者一人一人に合わせた歩行訓練・バランス訓練・筋力トレーニングを構築し指導。わかばグループ主任機能訓練指導員・技術開発部長に就任し現在に至る。「わかば」は平塚唯一市内にリハビリ型デイサービスが5店舗あります。

このカラダニスタが書いた記事  記事一覧

  • 骨粗鬆症は女性に多い?骨がスカスカになる原因と予防・対処方法、骨の重要な役割4選をご紹介!

  • リバウンドしない最強ダイエットが判明!?効率的に痩せる方法を徹底解説!

  • ふくらはぎの痛みは病気のサイン?痛い・つった・だるい・痺れるなどは要注意!

この記事もオススメ!

  • 腰痛を改善する3つのストレッチ!動ける体を手に入れる方法とは?

  • 専門家が選ぶ!腰痛の改善・予防に効く最強ストレッチ3選!

  • 農業ブームで腰痛が増える!?原因と対処の方法を知っておこう!

  • 専門家が選ぶ!腰痛の解消に効くストレッチのテッパン3選!

  • ポケモンGOで腰痛ゲットだぜ!痛みを解消するストレッチ4選

  • 腰痛の85%が異常なし!?8割の腰痛を改善するストレッチの実践動画をまとめました!