1. TOP
  2. 栄養・食事療法
  3. プロテインの3つの種類と目的別の選び方!ホエイ・カゼイン・ソイの違いとは?

プロテインの3つの種類と目的別の選び方!ホエイ・カゼイン・ソイの違いとは?

 2017/02/02 栄養・食事療法
この記事は約 6 分で読めます。

昔に比べるとプロテインへの認識が日本でも変わってきたなと感じます。

数年前までならプロテインは「アスリートやスポーツ選手が飲む筋肉増強剤」という様な認識をされている方が非常に多かったのですが、最近は一般女性にもタンパク質摂取のためにプロテインを飲む方が増えてきました。

プロテインとは英語でタンパク質。つまりタンパク質のサプリメントです。タンパク質の重要性については、こちらの記事にまとめてあるのでぜひご一読ください。

さて、プロテインですが、実はいくつか種類があるのをご存知でしょうか?また、それぞれの特徴について理解していますか?

プロテインにはぞれぞれ特徴や使い方によってオススメがあるので、今日はその事についてお話ししていきますね。

水戸部院長がこの記事を書いています
*マッスルケア仙台院長。東京都生まれ。長野商業高校出身 (硬式野球部所属)東北楽天ゴールデンイーグルスで8年間球団トレーナーとして契約し、 田中将大選手などのケアも担当。アテネ五輪銀メダリスト長塚智広選手の担当、全日本柔道男子国際大会トレーナー、EXILE・GLAYなどアーテイストのツアー帯同トレーナーなど実績多数⇒お問い合わせ・ご相談はコチラ 
1.001

プロテインの3つの種類と目的別の選び方

プロテインには大きく分けて、ホエイ、カゼイン、ソイの3種類あります。

更に2つ分けると、ホエイとカゼインが牛乳由来の動物性タンパク質。そして、ソイが大豆由来の植物性タンパク質になります。

それぞれ特徴が異なりますので、個別に説明していきますね。

筋肉トレ・スポーツが目的ならホエイプロテイン

まず最もポピュラーなプロテインは、ホエイプロテインですね。

今プロテインを飲んでいるという方がいらっしゃれば、おそらくホエイプロテインだと思います。なぜなら、市販されているプロテインは、ホエイプロテインであることが多いからです。

ホエイプロテインの一番の特徴は、なんと言っても吸収の早さですね。

筋肉を大きくしていきたいと考えている方には最適です。

もちろん一番基本のプロテインですので、最初に選ぶプロテインとしてもホエイがオススメです。トレーニングの直前・直後に少しの糖質と一緒に飲むのが理想的ですね。

糖質の作用を利用して、元々吸収が早いホエイプロテインの吸収効率を更に高める事が可能です。

おにぎりやチョコレート、もしくはリンゴジュース等の果汁ジュースで割るのがおすすめです。

ただし、牛乳由来であるため、乳糖不耐症の方にはオススメできません。カゼインにも同じ事が言えるのですが、乳糖不耐症だと牛乳由来のタンパク質を吸収できないからです。

その点を除けば、プロテインとしては一番ポピュラーで買いやすいので、初めてのプロテインには選びやすいですね。

栄養補給が目的ならカゼインプロテイン!

カゼインプロテインはホエイプロテインと同様に牛乳由来のタンパク質が主成分ですが、その特徴は全く異なります。

カゼインはホエイと真逆で、吸収が遅い事が特徴です。

そのためホエイの様に、トレーニングの直前・直後に飲むのはあまりオススメできません

吸収が遅い事のメリットは、継続的にタンパク質が供給され続ける事です。そのため、食事と食事の間や睡眠中など、栄養が不足されやすいタイミングで摂るのがオススメです。

また吸収が遅いため、満腹感が持続しやすいのでダイエットにも使いやすいです。

カゼインのデメリットは、強いて言うなら味ですね。

ホエイは各メーカーから非常に多くの種類が発売されているので、様々なフレーバーがありますし、味もよく研究されています。

カゼインは販売数も少ないため、味も少なく参考にできるレビューも少ないので、飲み易いものを探すにはご自身で色々試すしかありません。

また、ホエイと同様に牛乳由来であるため、乳糖不耐症の方にはオススメできない事ですね。

これらに気を付けて、それぞれの特徴を上手く利用していきましょう。

美容やダイエットが目的ならソイプロテイン!

最後に紹介するのはソイプロテインです。

ホエイとカゼインと違い、牛乳由来ではなく大豆由来のタンパク質なので植物性タンパク質です。

特徴としてはカゼインに似ていて吸収が遅い事が1つと、大豆由来であるため乳糖不耐症の方も吸収が可能という事です。

そして一番の特徴は、大豆由来であるため、大豆のイソフラボンの効果も期待できる事ですね。

そのため、ソイプロテインは特に女性にオススメです。

カゼイン同様に吸収が遅く、満腹感が持続するためダイエットには最適な上に、イソフラボンによって美容面やバストアップなど女性にとって嬉しい効果が盛りだくさん。

トレーニングをガンガンしているのでなければ、乳糖不耐症の事などを考えても人を選ばないソイプロテインがオススメと言えますね。

またカゼイン同様、就寝前や間食として摂る事で継続的な筋肉への栄養補給も見込めます。

デメリットは粉っぽく溶けにくいため、若干飲みづらい事でしょうか。ただし、今は改良されているものがほとんどなので、特に気にならないでしょう。

プロテインとしての効果と大豆の有効作用が期待できるので一石二鳥でおすすめです。

今回のまとめとして

今回は皆さん知っているようで知らないプロテインの種類についてまとめました。

知っていたよ!という方もいれば、そもそもプロテインに種類がある事すら知らなかったという方まで色々だったでしょうね。

あなたはどうでしたか?

タンパク質の摂取というのは非常に重要だと、私はこれまで何回も説明してきました。食事で摂るのが理想ではありますが、中々それが難しいというのも現状です。

上手くプロテインを使って、タンパク質を摂取していきましょうね。

一般の方がプロテインを飲み始めるなら、個人的にはソイプロテインをオススメしています。アスリートの方であれば、ホエイとカゼイン、ソイを上手く使いわけましょう。

あなたの身体の20%はタンパク質です。1日辺り体重×1.21.3のタンパク質摂取を目標に、計画を立ててみて下さい。

短期的な成果は感じにくいかもしれませんが、必ず将来差が付きます。

あなたも知っている様な長寿で元気な方は、皆さん非常によく食べますし、タンパク質を重視されています。

骨、内臓、血管、筋肉、皮膚、髪の毛これらは全てタンパク質です。

どれだけ大事かお分かりいただけましたか?

食事だけで難しければ、プロテインを上手く使いましょうね。

どんなものを選べばいいか分からなければ、近くの専門家に相談して下さい。あなたの目的・目標に合わせて最適なものをアドバイスしてくれますよ。

しっかりタンパク質を取って、未来の健康な身体を手に入れましょう。

健康な身体は適切な食事による栄養補給から。未来の身体は今日からの食事が作ります。

今回はプロテインについてでした。

【お知らせ】LINE@で栄養情報を発信したり、ご質問・相談にお答えしています。ぜひお友達追加して、最新の情報を受け取ってくださいね!

\ SNSでシェアしよう! /

カラダニスタ|専門家が教えるスッキリ生活の情報誌の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

カラダニスタ|専門家が教えるスッキリ生活の情報誌の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

カラダニスタ紹介 カラダニスタ一覧

マッスルケア仙台:水戸部院長

マッスルケア仙台:水戸部院長

東北楽天ゴールデンイーグルスで8年間球団トレーナー、アテネ五輪銀メダリスト長塚智広選手の担当、全日本柔道男子国際大会トレーナー、EXILE・GLAYなどアーテイストのツアー帯同トレーナーなどをしてきた経験から健康に関する情報を発信します。また、LINE@で栄養知識をシェアしたり、イベントの告知をしていますので、ぜひお友達登録してください。登録は右下のホームアイコンをクリック!!

このカラダニスタが書いた記事  記事一覧

  • 夏バテの原因は?ビタミンB1で簡単予防!多く含む食べ物も教えます!!

  • 一人暮らしで肥満・糖尿病リスクが激増!糖質過剰を防ぐ基礎知識

  • 脳梗塞やガンの原因!?老化も早める!?「糖化」の危険性と予防対策

  • プロテインの3つの種類と目的別の選び方!ホエイ・カゼイン・ソイの違いとは?

この記事もオススメ!

  • 若返りの果実【リンゴンベリー(コケモモ)】の女性が喜ぶ効果5選!

  • 要保存!日本のスーパーフード「マゴワヤサシイ」のレシピと効果まとめ!

  • ビタミンCを無駄してない?効果的に摂取して5つの健康・美容効果を逃さずゲット!

  • 食後のベリーで糖尿病予防!?アントシアニンの4つの効果と豊富な食べ物!

  • クレアチンで筋力増強できる仕組みと注意点!筋力UPに効果的なタイミングと摂取方法!

  • カテキンの効果が凄い!ダイエットに抗酸化、抗菌まで!魅力をまとめました!